日々の生活の中で役に立つ、お金に関するさまざまな知恵を幅広く紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アリサカ(2328)の粉飾決算を過去の決算書から振り返る(パート2)!!
2008年05月27日にアリサカ(2328)が会社経営の行き詰まりにより上場廃止になった。
今回は過去の決算書から損益計算書をチェックします。

【経常利益】
①総資産経常利益率の推移をチェック

20032004200520062007
経常利益401492421424440
総資産914410091119191399216630
総資産経常利益率4.4%4.9%3.5%3.0%2.0%

経常利益は変わらないのに、毎年総資産が増加しており、見事なまでに資産効率が悪くなっています
これらから分かるのは、毎年都合の悪いものをどんどん資産化していたのかもしれません

【営業利益】
①営業利益率を確認する。
2007年で7%なので、1ケタであり、そこまで高くもないので問題ない。
②販管費の増減を確認。
20032004200520062007
売上高44955451676285489915
販管費412437513536577
売上が2003年→2007年で2倍になっているにも関わらず、販管費はあまり変わっていません。
これは費用の先送りの可能性が大きいです。

【特別利益・特別損失】
①項目数の確認
特別利益の項目は2個、特別損失の項目は4個なので問題ない。
②金額に注意
特別損失が毎年営業利益の10%以上あり、金額が大きすぎる。

【法人税】
①法人税は40%前後
税引き前当期純利益の40%前後が法人税なので問題なし。


まとめ:損益計算書のチェック項目6個の内、3個で異常が確認された。特に販管費の増減では売上が2倍になっているにも関わらず、販管費はほとんど増加していなかったため、これらから異常会計であることを読み取ることは可能であったと考えられる。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://tokihakanenariokuman.blog89.fc2.com/tb.php/57-54dc4aaf
カテゴリー

人気ページランキング

広告

リンク
相互リンクサイト

相互リンク募集中です!!
ご希望の方は[リンクの追加]からお願いします。

最近の記事
ランキング
閲覧者


最近のコメント
最近のトラックバック


ブログパーツ
リンク集無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。