日々の生活の中で役に立つ、お金に関するさまざまな知恵を幅広く紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決算書での確認項目(その他)
決算書での確認項目(その他)のまとめ

【連結財務諸表作成の基本となる重要な事項】
①当年度に変更項目はあるか?
会計方針に重要な変更があった場合は注意が必要です。減価償却の償却期間の変更では利益が大きく変更します。
②減価償却は定額法と定率法のどちらか?
建物以外の固定資産は通常、定率法で減価償却されるが、思うように利益があげられない会社は、建物以外にも定額法を使うことがあるのでチェックが必要。儲かっていない会社は定額法を使う傾向がある。定率法から定額法へ変更した場合は特に注意。
③無形固定資産(連結調整感情やのれん)は何年償却か?
のれん代の償却は通常3~5年だが、利益を捻出したい企業なそれ以上になります。20年なんて企業な問題外。

【注記事項】
①奇妙な記述なないか?
簿外である担保の設定、訴訟などの偶発債務、M&A、後発事象などに注意。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://tokihakanenariokuman.blog89.fc2.com/tb.php/55-5dad3006
カテゴリー

人気ページランキング

広告

リンク
相互リンクサイト

相互リンク募集中です!!
ご希望の方は[リンクの追加]からお願いします。

最近の記事
ランキング
閲覧者


最近のコメント
最近のトラックバック


ブログパーツ
リンク集無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。