日々の生活の中で役に立つ、お金に関するさまざまな知恵を幅広く紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生命保険料控除
年末調整に生命保険料控除個人年金保険料控除があると思うのですが、今回はみなさんがあまり知らない個人年金保険料控除について紹介します。
知らないと損かも!!

ほとんどの生命保険の場合、生命保険料控除の適用範囲になっていると思います。

そこで個人年金保険料控除を受けるためには個人年金保険料税制適格特約を付加した個人年金保険に加入しなければなりません。(←通常の個人生命保険では控除の適用になりませんので注意
(ちなみに個人年金保険ってのは多くの場合、60歳まで月々一定のお金を保険会社に支払い、60歳から一定の金額を一定の期間貰う保険です。)

個人年金保険料税制適格特約って何かといえば、下記の条件を充たした時に付く個人生命保険の特約になります。
1.年金受取人は、ご契約者またはご契約者の配偶者
2.年金受取人は被保険者と同一人
3.保険料のお払込期間は10年以上
4.確定年金の場合、年金開始年齢は60歳以上かつ、年金支払期間は10年以上


保険屋さんに行って、個人年金保険料税制適格特約の付いた個人年金保険下さいっていえば分かります。
ネットで申し込む方は上記を参考にして検索してみて下さい。



次は気になる控除金額です。

ほとんどの場合、年間の保険料は10万以上ですので、給与所得から所得税からは5万円住民税からは3万5千円が控除されます。

上記の控除額から、実際の控除額を平均的なサラリーマンのモデルで計算しますと、所得税は20%、住民税は10%になりますので、合計で13500円(=5万×0.2+3万5千×0.1)の金額が返ってきます!!

これって大きいと思いません?
月々1万円の保険の場合で考えると、年間保険料は12万円になりますので、保険の運用額や配当などを考慮せずに考えても年間約11%の利回りになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://tokihakanenariokuman.blog89.fc2.com/tb.php/2-3a20ef69
カテゴリー

人気ページランキング

広告

リンク
相互リンクサイト

相互リンク募集中です!!
ご希望の方は[リンクの追加]からお願いします。

最近の記事
ランキング
閲覧者


最近のコメント
最近のトラックバック


ブログパーツ
リンク集無料レンタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。